自然

2015年6月24日

静かな時間を作っていますか?

田植えも終わり毎日が草刈りで1日があっという間に過ぎて行きます。

 

何も考えない、思いまどわない、ただひたすらに草刈りに励む時、こころが空っぽになった《無》の状態になっているのです。

 

自然の中でこころゆくまで過ごすことはとても元気になれるのです。自然に触れると《こころ》が開放されて疲れもわすれのびのびとした気持ちになれるのです。

 

先日も夕立にあい、一休みをしていると太陽が射してきました。空を見上げ、深呼吸をしてただ思ったことは《素晴らしい》の一言でした。

 

抱えている迷いがスーッと消えていました。

それは、その瞬間、人は無心になっているのです。

 

mori1

  • Infomation