本日の一言から学ぶ

『本日の一言·339戒めて』

欲望、怒り、嫉妬、執着などのネガティブな感情が こころに混じると、人は判断を誤って間違った道に進みます。 些細なことに腹を立て、欲望や嫉妬の感情に ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·338慢心』

慢心はおごり高ぶるこころ、自惚れる気持ちです。 何度も転職をしている方がいます。「あの人は···」から必ず始まるのです。 また、「無視されているん ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·337自分自身』

「みずから自分を励ませ、みずから自分を反省せよ」 自分を的確に評価できるのは、他人ではなく自分自身です。 他人の評価でこころが揺れ動いてストレスに ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·336謝念』

「本当にありがとうございました。この程度ですんで本当にありがたかったです。助かった掛がえのないこの命をこの先大事にして行きます。転院した大学病院になったことも ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·335欲に』

どんなものにも愛着を感じ、欲にこころが占領されると、 こころが汚れて自分を見失っていく。 しかも執着してしまうと、執着していることがわからなくなる ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·334自信』

良い結果を得ようと工夫したり、考えているうちに悪い結果が出る。 今までは良い結果を得て自信を深めていたのに、突然悪い結果が出ると 自分のやった工夫 ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·333無責任』

「私の責任です。本当に申し訳けありません」と言い切れない。 責任を自ら被ろうとしない、素直に反省もせず、 真摯に立ち向かおうとする心を忘れている。 ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·332筧·かけひ』

ことがうまく運ばず、不幸に打ちのめされたとき、落ち込んでもいいじゃないか。 焦らなくてもいい。自ずと時間がくれば、苦しみの一滴一滴が蓄積されたおかげで、 ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·331悩まず』

過ぎ去れるを追うことなかれ。 いまだ来たらざるを念(ねが)うことなかれ。 過去、そはすでに捨てられたり。 未来、そはいまだ到らざるなり ... <詳細な記事を読む>

『本日の一言·330思い』

内気な人は自己愛が強いので、相手にどう思われているかが気になる度合いに比例して、自分のことをよく思ってほしいという欲望が強くなっていく。 そして自分の思 ... <詳細な記事を読む>