食に学ぶから学ぶ

《食に学ぶ・20水の役割⑦結石》

大きな腎盂結石で長い間苦労しました。 結石は、カルシウム、マグネシウムなどがうまく吸収されず尿での残量が多くなったり、 尿酸が増えるとそれが結晶化して腎 ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・19水の役割⑥》

知らず知らずのうちに水2リットル程度を飲むことが習慣化しました。 2カ月ぐらいから頭を剃っても、頭の切り傷がなくなったこと、ひげ剃り で切り傷がなくなったこ ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・18水の役割⑤》

3回に渡り「水の博士」俵一氏のカルシウムを記載しました。 水の役割に戻しますが、私が「大きな腎結石」に悩んでいた頃から 水の飲み方を俵氏から教わったので ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・17水⑦カルシウム》

カルシウムの吸収にはビタミンDが必要ですが、日光に 当たることが少ないとビタミンDが活性化せずカルシウム不足 の原因になります。 さらに、カルシウムが骨と ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・16水⑥カルシウム》

カルシウム不足で起こるトラブルには、子供の骨折の増加、 アトピー性皮膚炎、喘息、ストレスからくる注意不足、暴力、 知能低下などがあります。 花粉症の増加も ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・15水⑤カルシウム》

『カルシウム』を含め、各種のミネラル、ナトリウム、マグネシウム、 カリュウムなどがなくては身体の活性を保っていけません。 日本人にとってカルシウムは不足 ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・14水の役割④》

摂取される水が生体水の状態に近いほど、 生体はエネルギーを損失しないで出し入れが できますから、代謝の際の細胞の損失による 不具合、老化などを 防ぐこと ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・13水の役割③》

私たちの生体への水の出入りをみると、取り入れは 飲み水のほか、お茶、飲料水、お酒などの液体や食物に含まれ ている水として摂取されるもの、食物や身体の構成部分 ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・12水の役割②》

「目覚めのコップ一杯の水を飲む」を読んで実行した方 から感謝の言葉をいただきました。 腸の運動は、自律神経が制御しています。 寝起きの血液はドロドロ血 ... <詳細な記事を読む>

《食に学ぶ・11水の役割》

これから忙しくなる農作業にお茶の時間はつきものです。 汗をビッしょりかいた時に飲む「水」は格別うまいものです。 お茶、コーヒー、果汁飲料を飲んでも「水」 ... <詳細な記事を読む>